FC2ブログ

古き悪しき時代

スピリチュアル
02 /11 2020
ご訪問いただき、ありがとうございます。

菅官房長官と、有吉が似ているという噂があるそうですが、私はどうしても菅官房長官はヒトラーに見えるんですよねえ・・・。

取りあえず菅さんと有吉に、ちょび髭生やして欲しいな…と不謹慎なことを思うリアさんに、応援クリックお願いします<(_ _)>

 人気ブログランキング

セッションのお申込み、お問い合わせは、こちらをご覧ください。

ck0_202002111559027cc.jpg

古き悪しき時代

『風と共に去りぬ』という映画を少し前に観たのですが、冒頭のナレーションの部分で、「古き良き時代」みたいに語るのですね。

確かに白人たちからしたら、そうだったかも知れません。

広大な土地でのコットンの栽培で、黒人奴隷を使って労働させ、巨万の富を得て、白人たちは貴族のように優雅な生活・・・そりゃあ「昔は良かった」と言いたくもなるでしょう。

でも、黒人たちもそう言うでしょうか?

奴隷だった時代に戻りたいと言うでしょうか?

言いませんよね。


日本でもたまに「昔は良かった」と言う人もいますが、私が知ってる限り、全員男性です。

古い時代に戻りたい、なんて言う女性は、ほとんどいないのですよ。


つまり、自分たちだけ「美味しい想い」をしてきた人たちが、「良かった」と思うわけで、虐げられた人たちがいることを、無視した発想なのです。


最近よく、児童虐待のニュースを聞きますし、虐待件数もどんどん増えて、中には「最近の親は・・・」みたいに言う人もいますが、これ数字の罠ですよね。

昔から児童虐待なんてありましたが、でも躾とか言われて誤魔化され、家庭でも学校でも子供に対する暴力が横行していました。

それどころか戦前など、「間引き」という名の子殺しや、女郎に売るなどの人身売買も横行していました。

そういう時代が「良き時代」だなんて・・・一部の特権的な人の、身勝手な言い分でしかありません。

私に言わせれば、「古き悪しき時代」です。


殺人事件が報道されると、「怖い時代になった」なんてつぶやくお爺さんがいますが、実際は殺人なんてめっちゃ減っているのです。

凶悪犯罪が減っているからむしろ、昔だったらメインのニュースにならない殺人事件が、全国ネットで流れるのですよ。

現在は外国人の犯罪者で刑務所などいっぱいらしいですが、日本人は、特に若い人の多くは、そういうところのお世話にならないので、少年鑑別所などガラガラだそうです。

DVも同じで、昔は酷いDVがあったとしても、家庭内のこととして、奥さんを殺しでもしない限り、警察が介入することもなく、言ってみれば夫のやりたい放題だったのです。

浮気も、妻がそれをすれば刑事罰に課されますが、夫は全くの自由だったのですから。


そういうおぞましい時代が、一部の男性にとっては、「古き良き時代」なのですよ。


この世は修行の場ではありますが、それ以外に「天国的なものと地獄的なものの抗争の場」でもあるのです。

キリスト教の、一般的なお祈りの中で「天国が地上に実現しますように」という意味の文言があります。

つまりこの世も、地獄的なものと天国的なものとが、抗争している世界なのです。


私たちは過去より現在を、現在より未来を、より天国的にしていかなくてはならないのです。

あなたが、天国に重心を置く魂ならば・・・。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


読んでいただき、ありがとうございます。

セッションのお申込み、お問い合わせは、こちらをご覧ください。

応援クリックお忘れの方は、ぜひぜひお願い致しますm(__)m
(1端末につき、1日1クリックのみ反映されます)       

 人気ブログランキング


さんきゅ~べり~マサムネ★


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



スポンサーサイト



リア

スピリチュアルカウンセラーの、リア(♀)です。

現在主に、電話、メールで霊視鑑定をしております。

お申込み方法、規約の確認などはこちらをご覧ください。

メールアドレスは
le39391818『アッと』yahoo.co.jp
(『アッと』は半角@に直してください)


正式なご依頼以外の、霊感や専門知識を必要とするお問い合わせはご遠慮ください。


記事に関するご質問は、その内容により、直接お返事をメールするか、記事として取り上げるか、あるいは保留とさせていただく場合もございます。

特に個人的な問題に関することは、正式なセッションをご利用いただきますよう、お願い致します。


ブログでは、スピリチュアルな話を中心に、くっだらない日常のアレコレを綴っていきたいと思っています。
(現在、コメント欄は閉じていますので、ご意見、ご感想などは、メールでお願い致します)


掲載されている記事、写真などの無断転用、転載などはご遠慮ください。

また当サイトはリンクフリーですが、一言いただけると助かります。


よろしくお願い致します。