人を独りにしてはいけない

スピリチュアル
05 /12 2017
ご訪問いただき、ありがとうございます。


ここ10年くらいでしょうか、この時期になると、道端に野生化したポピーがたくさん咲きます。

外来種でしょうし、本当はあまり好ましくないのかも知れませんが、私はこのオレンジ色の花が大好きなのですよね。


と、たまに頑張って情緒のありそうなことを言う私に、二つの応援クリックお願いします!

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ

セッションのお申込み、お問い合わせは、こちらをご覧ください。

IMG_3160.jpg

人を独りにしてはいけない


ムーニーのCMが、何やら物議を醸しているようです。

若いお母さんが、慣れない育児に奮闘する様子がリアルに描かれ、しかも一人っきり。

父親の姿は全く出て来ません。

CMの最後には「その時間が、いつか宝物になる」と、とてもキレイにまとめているのですよね。

これを見た人の一部が、「ワンオペ育児を賛美している」と批判しているのだそうです。


まあ個々人の感覚ですから難しいですが、ただ被虐待経験のある私からすると、やはりワンオペ育児を容認することは出来ませんね…。

私の生まれ育った家庭にも、「人の目」「人の手」があれば、母に対するブレーキになったのではないか、と思うのですよ。

日本人というのはどうしても、家庭に他人が入り込むことを嫌がりますが、確かに強引な介入はどうかとは思いますけれど、時に第三者的な人が、何らかの形で入り込むことも、あっても良いと思うのです。

成績を付けるとか、まして公表するとかいうことではなくて、ただ冷静に、どの程度育児が出来ているか、また母親はもちろん、子供のメンタルは大丈夫か、一応のチェックをする人がいても良いだろうと。

もちろん今でも、保健所や児童相談所、民生委などもありますが、表面的に問題が無く、母親が強く拒めば、彼らが強制的に立ち入ることは困難です。

1か月検診だの3か月検診だので、その家庭が全て分かるわけもなく、そこさえクリアしてしまえば、事実上母親のしたい放題なのです。


ただね、じゃあ昔ながらの大家族なら良いのかというと、多分そんなことも無いですよ。

姉が、古風な家に嫁いだので分かるのですが、舅姑などいても、単に「負担」が増えるだけ、みたいなことも多いと思います。

そりゃあ奇跡的に良好な関係で、気を使わなくて、何でも言えて、何でも手伝ってもらえて、多少喧嘩してもすぐに仲直りが出来て、というほど仲良しなら良いですよ。

でも大抵は、お嫁さんが一方的に気を使い、指示や命令に従い、あくびの一つも出来ない状況だろうと思います。

今でもよく覚えているのですが、姉の子供が赤ちゃんだった頃、夜泣きをするたびに、階下で眠っていた姑が「どうしたの?大丈夫?」と声を掛けたのだそうです。

姑は気を使っているつもりだったでしょうが、姉からしてみたら、ただのプレッシャーでしかなかったそう。

そんなものです。


なのでそういうしがらみのない、相性が悪いと思ったら変わってもらえるような、公の第三者がいたら良いのではないか、と思ったのですよ。

高齢化と言われて久しいですが、子育ての経験のある老人たちに、そういう役割を担って貰えたら、と私は考えています。

お年寄りにとっても、良い刺激になるでしょうし、生きがいにも繋がるだろうと思います。


育児だけでなく、人は特に、心理的に独りにしてはいけない生き物です。

なので逆に言えば、例え大家族であっても、大きな会社であっても、精神的に孤立してしまっては、それは独りぼっちと同じことです。

いえ、人がいる中での孤独は、誰もいないより、ずっと辛い。

人は人に興味を持ち、人に寄り添い、人とエネルギーを共鳴し合って、初めて生き生きといられるものです。

しかし個々人の自由意志にだけ任せておくと、どうしても弾かれる人が出て来るものですよね。

弾いた方、弾かれた方、どちらが悪いかとか、弾かれる人を作らない努力をしましょうとか、そういうことは別にして、事実として。

なので会社や学校にも、客観的に関われる、第三者がいても良いと思うのですよ。

そこにもやはり、人生経験を積んだご老人たちの力をお借りするのが良いだろうと思います。


確か聖書にもありましたよね。

人を独りにしておくのは、良く無いと。

なのでアダムにイブを与えたのだと。

つまり初めから、そう決まっているのです。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


読んでいただき、ありがとうございます。

セッションのお申込み、お問い合わせは、こちらをご覧ください。

ランキングバナーのクリック、お手数ですが2つお願い致しますm(__)m
(1端末につき、1日1クリックのみ反映されます)       

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ

さんきゅ~べり~まつじゅんまっち


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



スポンサーサイト

リア

スピリチュアルカウンセラーの、リア(♀)です。

現在主に、スカイプ、電話、メールで霊視鑑定をしております。

お申込み方法、規約の確認などはこちらをご覧ください。

メールアドレスは
lear1818★yahoo.co.jp
(★は半角@に直してください)です。


正式なご依頼以外の、霊感や専門知識を必要とするお問い合わせはご遠慮ください。


記事に関するご質問は、その内容により、直接お返事をメールするか、記事として取り上げるか、あるいは保留とさせていただく場合もございます。

特に個人的な問題に関することは、正式なセッションをご利用いただきますよう、お願い致します。


ブログでは、スピリチュアルな話を中心に、くっだらない日常のアレコレを綴っていきたいと思っています。
(現在、コメント欄は閉じていますので、ご意見、ご感想などは、メールでお願い致します)


掲載されている記事、写真などの無断転用、転載などはご遠慮ください。

また当サイトはリンクフリーですが、一言いただけると助かります。


よろしくお願い致します。