エゴイストorナルシスト

スピリチュアル
05 /11 2017
ご訪問いただき、ありがとうございます。


昨日、記事中に「~ですものね」なんて語尾を書いてしまい、後から読んで恥ずかしくなりました…。

何か、昭和の気取ったおば様みたいで…。


家庭科の先生とか言いそうですものね、という私に、二つの応援クリックお願いします<(_ _)>

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ

セッションのお申込み、お問い合わせは、こちらをご覧ください。

IMG_3086.jpg

エゴイストorナルシスト


一生を通じての人の悩みって、多くは人間関係だと思うのですよ。

それは家族から友人、恋人、パートナー、仕事関係、ご近所、趣味の仲間…、これらの人たちと全員上手く行っていたら、人生の悩みなんて、取るに足りないものですよね。

そして一番、その人の「付き合い方」が顕著に出るのが、やはり恋愛です。

最も感情が動くものですし、また最も頭も、魂の知恵も使うものですから。


恋愛の仕方など、言うまでもなく千差万別なわけですが、私から見ると、ある側面において、大きく2種類に分けれられると思うのですね。

それは「重心」が、自分側にあるか、相手側にあるか、という点です。

こんなことをサラッと書くと、自分側に重心のある人が自己中、相手側にある人は思いやりがある、みたいに捉えられるかも知れませんけれど、そういうことではないのです。

むしろ、重心が自分側にある人の方が、尽くすし優しくもあるような気もします。


では重心が自分側にある者と相手側にある者と、その違いは何か?

それはエゴイストかナルシストか、ということと、大きく関わっているのですよ。

ナルシストが自分側、エゴイストが相手側ということは、すぐ想像が付きますよね。

これはどちらが良いとか悪いとか、どちらが優れているかとか劣っているかとかという問題ではなくて、心の癖、なのですよ。


エゴイストの方は、あまり自分の内側には自信がなく、外側に価値を求めます。

なのでその人自身を褒めるよりも、その人の所属するカテゴリーを褒めた方が喜ぶようなタイプです。

例えば「〇〇出身の人は、心が広いですよね」とかね。

でも直接「あなたは心が広いですよね」と言っても、あまりピンと来なかったりするものです。

恋愛にも似たような傾向があって、相手に強く価値を求める所があります。

とはいえ、社会的価値という側面とは限らず、独自の価値基準で当てはめて判断する人も多いです。

そして一旦好きになったら、相手の個性に依存する分、非常に頑なに、一途に想い続ける傾向があります。

まあ全く浮気の心配が無い、とは言いませんが、とにかく好きになった人は、その人にとって滅茶苦茶特別な存在であることは確かなのです。


逆にナルシストの方は、口先では自信がない、みたいなことを言っていても、心の底では自分をとても認めているものです。

なので「○○出身の人は心が広い」と言われるよりも、「あなたはとても心が広い」と言って欲しいタイプです。

そしてナルシストたちの恋愛も、正直相手そのものというより、自分と関わってくれる相手が好きなのですよ。

自分を女性として、男性として尊重し、頼ってくれたりすることを、強く望むのです。

なので尽くすことも全く厭わない、という風になるわけです。


エゴイストの方は、相手が相手らしく幸福でいてくれることを望みますから、ある意味とても現実的で、冷静です。

つまり変に、恋愛をしている自分に酔ったりすることなく、ただ相手を見つめていたい、という感じです。

しかしナルシストの方は、恋に恋するようなところがあり、形にこだわるようなところもありますね。

例えばイベントごとには、積極的に参加し、恋愛してますという実感を楽しみたいタイプです。

なのでナルシストは派手婚(派手まではいかなくとも、人並み)を好み、エゴイストは地味婚になりがちな傾向もあります。


ここまで書くと、エゴイストの方が害が無いようですが、そんなこともありません。

相手との関係が悪化した場合や、別れを迎えた場合、そりゃあ誰だって混乱するでしょうが、でもナルシストの立ち直りは非常に早いのですよ。

元々、ただ「恋」がしたいのであって、ハッキリ言ってその相手は、ある程度の条件を満たせば、誰でも良いのですから。

厄介なのは、エゴイストの方です。

相手の個性によって成り立っているので、「代わり」になり得る人というのが、なかなか現れないものなのですね。

なので必要以上に深追いしたり、時に粘着質とか、ストーカーとか呼ばれるような行為にも及ぶのです。

ナルシストの方は、失恋しても「自分の世界」はそれほど変わらないのですが、エゴイストの方は「自分の世界」が根本から崩れるような恐怖を味わうことになるのです。


ブルゾンちえみ様が、男は35億とおっしゃっていますが、正直彼女は、ナルシストなのでしょう。

まあ、分かりますよね^^;

エゴイストの分かりやすい例と言えば、『野菊の墓』の、お二人ではないでしょうか。

その人じゃなきゃ駄目、と延々引きずるような、ね。


まあ一長一短ある、ということです。


ただね、エゴイストというのは、人の違いにも冷静に対応出来ますけれど、ナルシストの方は、自分の恋愛の仕方が正しい、と思い込んでいるような所があるのですよ。

なのでエゴイストが、忘れられない人がいると嘆いていても、非情に冷淡だったり、頭から否定したりするものなのです。

逆にエゴイストも、ナルシストが次々に相手を変えたり、離婚したかと思ったらすぐ再婚したりする様を見て、嘲笑するようなことも、けっこう見聞きします。


要は、自分の恋愛の仕方、人付き合いの仕方が正しいのではなく、それぞれのやり方がある、と、割り切って考えることです。


自分や周囲の人が、ナルシストなのかエゴイストなのか、そういう風に捉えることでも、違いを認めるきっかけになるのではないでしょうか。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


読んでいただき、ありがとうございます。

セッションのお申込み、お問い合わせは、こちらをご覧ください。

ランキングバナーのクリック、お手数ですが2つお願い致しますm(__)m
(1端末につき、1日1クリックのみ反映されます)       

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ

さんきゅ~べり~まつじゅんまっち


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



スポンサーサイト

リア

スピリチュアルカウンセラーの、リア(♀)です。

現在主に、スカイプ、電話、メールで霊視鑑定をしております。

お申込み方法、規約の確認などはこちらをご覧ください。

メールアドレスは
lear1818★yahoo.co.jp
(★は半角@に直してください)です。


正式なご依頼以外の、霊感や専門知識を必要とするお問い合わせはご遠慮ください。


記事に関するご質問は、その内容により、直接お返事をメールするか、記事として取り上げるか、あるいは保留とさせていただく場合もございます。

特に個人的な問題に関することは、正式なセッションをご利用いただきますよう、お願い致します。


ブログでは、スピリチュアルな話を中心に、くっだらない日常のアレコレを綴っていきたいと思っています。
(現在、コメント欄は閉じていますので、ご意見、ご感想などは、メールでお願い致します)


掲載されている記事、写真などの無断転用、転載などはご遠慮ください。

また当サイトはリンクフリーですが、一言いただけると助かります。


よろしくお願い致します。